FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスの花

  • 2012/05/29(火) 13:42

こんな

昔話



あった。

ガラスの花。

それは

細く

はかなく

華奢で

かわいらしく

何よりも

愛らしかった。

ガラスの花



花が

咲いてから

少しの

間だけ

ガラスの

ように

透き通り

そよ風

でも

折れてしまいそうな

細い

腰を

揺らしながら

道端で

そっと

ささやかな

光を

放ってる

花だった。

花びらに

震える

玉のような

朝露が

日の光



はじく

様は

まさに

楽園



咲く

花の

ようであった。

ガラスの花



その

うつくしさと

しばらく

すると

その

輝きが

うしなわれ

少しずつ

普通の

花に

戻ってしまう

ことから、

清らかさ



象徴と

され、

自生

している

ガラスの花



摘んでしまう

ことは

世の中の

タブー



されていた。

無断で

ガラスの花



摘んだものを

厳重に

罰する

法まで

あったそうだ。

そんなとき

あるところに

草花



こよなく

愛する

青年が

いた。

彼は

自分の

庭に

ありとあらゆる

植物



植え、

日が昇ってから

日が沈むまで

彼らの

世話を

していた。

彼は

毎日

彼らの

世話を

しながら

人々を

自分の

庭に

招き、

お茶を

用意し、

ひと時の

安らぎを

与えた。

望むもの



あれば

必ず

きちんと

面倒を

みる

という

約束で

彼は

庭の

どんな

植物でも

分け与えた。

祝いの

ときには

見ているだけで

楽しく

なってしまう

はなやかな

花束を。

友人が

亡くなった時には

生前



愛した

花々を

そっと

沿えるように

して

友人へ

送った。

あるとき

青年が

山道を

あるいていると、

ふと

木漏れ日の

影で

控えめに

その

華奢な

腰を

ゆらしている

ガラスの花を

見つけた。

彼は

もちろん

ガラスの花



他の草花と

同じように

好きだったし、

ガラスの花



摘んでは

いけない

ということ

も、

もちろん知っていた。

実際

彼は

今まで

ガラスの花



摘んで

自分の

庭に

植えよう

などとは

考えた

ことも

なかったのだ。

しかし

その時

彼が

出会った

ガラスの花は

まさに

今朝

その

いじらしい

花びら



初めて

開いた

らしく、

今まで

彼が

愛して

きた

どの

草花

よりも

可憐で

美しかった。

彼は

どうしても

その

ガラスの花



自分の

庭に

植えたく

なってしまった。

彼は

彼女も

それを

望んで

いるに

違いないと

確信

していた。

あなたの

そばに

ずっと

いさせて

ください。

私は

そのために

今朝

花開いたのです。

と、

彼女の

声が

聞えたのだ。

しかし、

それが

友人たち



知れてしまっては

彼は

今までの

信頼



すべて

失って

しまうかも

しれない。

それどころか

つかまって

しまっては

自分の

庭に

植える

どころではない。

もしかしたら

彼と

ともに

長年

草花



愛してきた

友人

たちは

理解を

示してくれる

かもしれない。

しかし

彼は

これから

一生

「ガラスの花を自分の庭に植えた男」



言われ

続ける

運命を

背負わなければ

ならない。

彼には

どうして

いいか

わからなかった。

誰かが

決めた

正しさに

したがわなければ

いけないのか。

いや、

違う。

違う。

そうではない。

彼は

自分の





声を

聞くべきなのだ。

彼女の

声を

聞くべきなのだ。

たとえ

すべてを

失ったとしても。

人から

後ろ指



さされたと

しても。

そう

彼は

何度も

何度も

自分に

言い聞かせながら

朝露よりも

大粒な

涙を

その

ガラスの花



落とした。




【ガラスの花】

スポンサーサイト

∵ この記事に対するコメント ∵

∵ この記事にコメントする ∵

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。